産業廃棄物って不用品回収出来るの?

特別な許可をもらっている業者

どこに任せればいいのか

工場から出た不用品は、産業廃棄物です。 産業廃棄物を処理できる業者は決まっているので、きちんと調べてから処分してください。 特殊な許可を得ている業者だけが、産業廃棄物を回収できます。 中には無許可で経営している業者も見られるので、間違って依頼しないでください。

産業廃棄物に関する決まり

不用品回収をする際は、許可が必要です。
しかし不用品といっても、様々な種類に分類されることをみなさんは知っていましたか。
家庭で出る不用品は、一般廃棄物に該当します。
これを回収するためには、一般廃棄物収集運搬業許可という種類の許可が必要です。
一方工場などで出た廃棄物は、産業廃棄物に該当します。
こちらを回収する際は、産業廃棄物収集運搬業許可という許可が必要になります。
どんな許可を得ているのか確認してから、業者に連絡しましょう。

ではどんなものを、産業廃棄物というのでしょうか。
泥やゴムくず、鉄くず、廃プラスチック類などが含まれます。
工場で仕事をしていると、そのような不用品がたくさん出ると思います。
定期的に不用品回収に来てもらうと、自分たちが処理場に持って行かなくていいので楽ですね。
業者は大きなトラックで来ることが多いので、大量の産業廃棄物があってもすべて回収してくれるはずです。

山奥や海に、産業廃棄物を捨てることは絶対にしないでください。
産業廃棄物は正しく処理しないと、有害物質を発することが多いです。
人間の身体に悪影響を与えるので、大きな事件になります。
実際に過去、産業廃棄物が原因で公害が起こり、多くの犠牲者を出した事件もあります。
適当な処理をすると、責任を取らなければいけません。
産業廃棄物を処理するのは、非常に難しいと言われています。
ですから特殊な許可を得ている、プロだけが回収できる決まりになっています。

正しく分類できるようになろう

産業廃棄物を回収できる業者が見つかっても、どれが産業廃棄物に含まれるのか自分で判断できないといけません。 まずは種類を知ってください。 業者に連絡すれば、工場まで回収しに来てくれます。 工場では定期的に不用品が出るので、毎週来てもらうスタイルでもいいですね。

公害対策に繋がる

工場で仕事を進める際は、産業廃棄物の扱いに十分注意してください。 適当な方法で処分すると、公害が発生する恐れがあります。 そうなったら自分が責任を取らなければいけないので、大きな問題に発展します。 プロに回収してもらい、処理を任せれば大丈夫です。

TOPへ戻る